スケボーとはどんなスポーツ?おさえておきたい基本情報を分かりやすく解説

このサイトでは、2021年の東京五輪で初めて正式種目となったスケートボードについて、解説をしていきます。
通称はスケボーと呼ばれており、4つのキャスターが付いた板の上に乗って遊ぶものです。
その歴史は非常に古く、アメリカに起源を持っています。
今ではスポーツの一種と見受けられますが、元々は若者の間でブームとなった乗り物でした。
ここではこれから始める方に向けた基本情報をわかりやすく見ていくことにしましょう。

スケボーとはどんなスポーツ?おさえておきたい基本情報を分かりやすく解説

スケートボード、通称・スケボーが誕生したのは1921年のアメリカ合衆国・ロサンゼルスです。
当時は簡素なベニア板にキャスターを4つつけたもので、若者の移動手段となっていました。
現代のスケボーの場合は正式なスポーツになっており、色んな情報を目にすると技が存在することもうかがえます。
そしてアクロバティックなアクションを可能にするスケボーも多く、発祥当時と現代とではスケボーの立ち位置は大きく異なっている事がわかるものです。

スケボー初心者が怪我をしないためのポイント

スケボーは近年人気の出てきているスポーツで、始めたいという人も多いです。
しかし、事前に知っておきたいのがスケボーは怪我をしやすいスポーツであるということです。
特に足首・膝・手首の三箇所が、特に初心者が注意したい部位になります。
足首は一番怪我のしやすい部分で、ひねることが多く捻挫につながる部位です。
着地時に捻ってしまうことが多く、繰り返すと癖になるため注意します。
着地をするときにバランスをとったときに手をついて手首を痛めてしまい、ひどい場合には骨折してしまうこともあります。
膝も転んだときに打撲などにつながります。
初心者が怪我をしないためのポイントとしては、無理をしないということが重要です。
無理なトリックに挑戦すると失敗につながるケースが多いことから、自分ができる範囲で楽しむことが怪我をしないポイントとなっています。
プロテクターを着けるのも大切で、身につけることで打身や打撲を防げます。
新しいトリックに挑戦するときなどは、必ず身につけるように心がけます。

スケボーにおけるヘルメットやプロテクターの重要性

スケボーを始めるにあたってボードの次に大切な装備の1つとして、プロテクターやヘルメットがあります。
ストリートでボードに乗っている人の中には装着していない場合もありますが、スケボーに慣れていない人ほどプロテクターとヘルメットは重要だと考えられています。
この装備はそれぞれ手首や肘、膝や頭部を衝撃から身を守ってくれるメリットがあり、実際に装着して練習することでスケボーの上達に劇的な効果をもたらすといわれています。
スケボーは反復練習を繰り返し上達していくスポーツであり、練習の中では思いっきり転んだり板で足を打つなど怪我をしやすい特徴があります。
一度ミスをして大きな怪我をすると、同じトリックをする際に痛みを思い出して体がこわばり消極的な動きしかできなくなるといった悪循環を生み出しやすいですが、プロテクターやヘルメットをしていれば思い切りいい動きができるので、様々なトリックに挑戦するためにも重要性が高いといえます。

スケボーの初心者が知っておきべき乗り方の基本

スケボーを楽しむ人は多く、様々な乗り方を工夫してトリックを楽しむという場合も多いです。
見ている側としてはかっこよく、気持ち良さそうだと感じる事もあります。
ただし初心者の人がいきなりスケボーを初めて直ぐにトリックを決めるなど、派手な乗り方をいきなり行う事は難しいです。
基本をしっかり身につけることから始め、徐々に技術を磨く事が重要になります。
初めてのる場合であれば、基本となる上にのって進むことを学ぶ事が重要です。
ボードの正面に立った状態で、片方の前足を前方方向につま先を向けて前方スピンの上に置きます。
この時に置いた脚とは逆の脚で地面を軽くけり、重心を前方スピンに置いた片方に足に掛けておく事で前に進む事が出来ます。
片方の足で地面をけって勢いをつけつつ進む事が安定して行えることが、まずは最初の基本なので必ず習得する事が大切です。
とてもシンプルで簡単ではありますが、ボードに乗せる脚と地面をける脚をどちらにするか自分にあっている方を理解する事も重要となります。

スケボーの保管は風通しのよい屋内がおすすめ

スケボーは大きさがあるため、保管場所に困る方も多いのではないでしょうか。
置いておく場所を誤ってしまうと、劣化して見た目が悪くなるだけでなく、安全に楽しむことができません。
よい状態を保つためには、風通しのよい屋内に保管するのがおすすめです。
ほとんどのスケボーは木で作られているため、水分にとても弱いです。
湿気のある場所に置いておくと劣化しやすくなります。
玄関や車の中なども湿気が多いため注意が必要です。
風通しのよい場所がない場合は、除湿剤や乾燥剤と一緒に置いておくのがよいでしょう。
また、場所がないからと言って、屋外に置いておくのもよくありません。
夏の暑いときに屋外にずっと置いておくと直射日光が当たり、歪んでしまうこともあります。
歪んでしまうと勝手に曲がったり、乗りにくくなってしまいます。
ケガをしてしまう可能性もあるため注意が必要です。
スケボー専用のラックなどを使えば、室内でもコンパクトに収納できます。
スケボーを安全に楽しむためにも、適切な場所に置くようにしましょう。

スケボーに関する情報サイト
スケボーの基本

このサイトでは、2021年の東京五輪で初めて正式種目となったスケートボードについて、解説をしていきます。通称はスケボーと呼ばれており、4つのキャスターが付いた板の上に乗って遊ぶものです。その歴史は非常に古く、アメリカに起源を持っています。今ではスポーツの一種と見受けられますが、元々は若者の間でブームとなった乗り物でした。ここではこれから始める方に向けた基本情報をわかりやすく見ていくことにしましょう。

Search